フォナックはこの度、補聴器業界で初めて、プロ野球チームのスポンサー冠試合を開催します。

2018年8月17日(金)のプロ野球パシフィック・リーグ公式戦、埼玉西武ライオンズ 対 北海道日本ハムファイターズ が、 ソノヴァ・ジャパンのスポンサー冠試合 「フォナック補聴器 × ライオンズ こどもスペシャルデー 」として開催されます!

ソノヴァ・ジャパンの聴覚機器ブランドである、フォナック補聴器は “聞こえのバリアを感じない世界を実現する”というモットーのもと、難聴を持つ人も持たない人も聞こえのバリアを感じることなく、活躍できる社会を応援しています。

今回“野球の力で、子供たちの夢を応援する” 埼玉西武ライオンズが、ヒーローインタビューに手話による同時通訳を実施し、埼玉県内の特別支援学校の生徒さんを招待され、フォナックは小児用補聴器のキャラクターレオのカレンダーに応募いただいたお子さまから、イベント参加のご希望の方をご招待し、試合中の様々なイベントに登場いただきます

また球場外にフォナックのブースが設置され、そちらでロジャーの試聴を体験していただいた方に、フォナックのモットー Breaking the barrierとフォナックのロゴの入った緑のヒアリングサポーターリングをプレゼント!

試合の1日を、聞こえ・聴覚障害を応援するサポーターとして過ごしていただきます!

 

今回のイベントはフォナックの”聞こえのバリアを感じない世界を実現する”というモットーと、球団内に難聴の投手を擁し、野球の力で子どもたちを応援する西武ライオンズ球団との意向が合致したこと、また西武ライオンズのマスコットとフォナックのキャラクター が共に レオ 君であることもあり実現に至りました。

当日の様子はイベント後にも再度ご紹介させていただきます。

是非ご注目くださいませ!またお近くにお住まいの方におかれましては是非球場にお越しくださいませ!

 

<フォナック補聴器 × ライオンズ こどもスペシャルデー 概要>

【日時】  2018年8月17日(金) 18時試合開始(開場 16時)

【場所】  メットライフドーム (西武線 西武球場前駅すぐ)

 

 

フォナックでは昨日、8月2日(木)より発売開始しました スカイBの発売記念キャンペーンとして

スカイ スキニット ダブルキャンペーンを行います!

詳細は上記リンクの弊社HPからご確認いただけます!

期間中、キャンペーンにお申込みいただいた方の中から隔週抽選で10名様に「スキニット特別クーポン」をプレゼント。さらに、スキニットでおしゃれになったお手持ちのフォナック製品をフォナックのインスタグラムの公式アカウントに投稿いただき、「いいね!」が最も多かった1名様に東京ディズニーランドのペアチケットをプレゼントするダブルキャンペーンです!!

お申込み方法は弊社のホームページのスキニットキャンペーン特設ページから、またはこちらのSkyBSkinitキャンペーンご案内・申し込み方法からご確認ください。

皆様のご応募お待ちしております!!

※キャンペーン実施期間 2018年8月2日(木)~2018年11月30日申込受付分まで

フォナックの代名詞、そして業界を代表するパワータイプの補聴器 「フォナック ナイーダ B」業界随一の小児専用補聴器 「フォナック スカイ B」 、補聴器と一緒に使用することで一側性難聴へのソリューションとなるCROS補聴システムとして初となる充電タイプの 「フォナック クロス B-R」、障害者差別解消法の施行依頼需要の急増している、デジタルワイヤレス補聴援助システムロジャーの送信機 「 ロジャー セレクト 」と中継機 「ロジャー リピーター 」 2018年8月2日より発売いたします。

・「 フォナック ナイーダB 」 は、高重度難聴者向けに開発されたパワータイプ補聴器で、業界製品で唯一10年以上に渡り同じ製品名のまま、世界中で愛されています。

また高重度難聴者向けの補聴器として初めて充電可能なRICタイプ 「フォナック ナイーダB-R RIC」 がラインナップに加わり、よりユーザーの利便性を向上する選択肢が増えました。

・「 フォナック スカイ B 」 は、2016年7月に発売した、業界随一の小児専用補聴器 「 フォナック スカイ V」の後継器種です。スカイ シリーズはカラフルな本体とフックを選んで組み合わせを自由に楽しめる選択性を持ち、こどもに特化した聴覚処方式を施した 「 オートセンス スカイOS 」が搭載されています。 「子どもは小さな大人じゃない」 という哲学のもと業界で唯一、小児に特化した聴覚補聴器の研究・開発チームをもつメーカーとしてのフラッグシップモデルとも言える製品です。

「 フォナック クロス B-R 」 は、補聴器と一緒にご使用いただくことで、一側性難聴の方の聞こえをサポートする CROS送信機です。一緒にお使いいただく補聴器は 「オーデオ B-R」となり、一側性難聴の方にも、補聴器、クロス送信機の電池交換の手間を 省いていただくことが可能になりました。「 ロジャー セレクト 」 は、言葉の聞き取りに特化したデジタルワイヤレスの補聴援助システムです。補聴器、人工内耳を使っても言葉の聞き取りが難しい環境(主に“話し手と聞き手の距離が遠い”、“周囲に騒音・反響音がある”、“複数人での会話”)で、よりクリアな聞こえを実現する送信機と受信機が必要となります。今回新登場した「ロジャー セレクト」 は胸元につけたり、卓上に置いたりして使うことが出来るロジャー送信機で、聞きたい報告からの声を自分で選べるセレクト機能が特徴です。「ロジャー リピーター」 は送信機と受信機の接続距離を延長することが出来る中継機で、今まで学校現場で課題になっていた体育館などの広い場所でのロジャーの使用をサポートする製品です。

皆様のお役に立てるよう、今後も皆様からいただいたご意見を反映した製品を送り出せるよう日々精進して参ります。各製品の画像をクリックしていただくと各製品の紹介ページに飛びますのでよかったらご確認ください!

2016年4月に施行されました障害者差別解消法に基づく合理的配慮の一環として大学や企業からロジャーのお問い合わせや設備導入の案件が増えております。

岩手大学 学生特別支援室様ではフォナックのワイヤレス補聴援助システム ロジャー をご活用いただいております。 今回、ロジャーのタッチスクリーン マイク ロジャー マイリンクをご導入いただきましたご担当者、新村 暁さんと、ご活用いただいている学生、島田 真優さんにお話をお伺いしましたのでご紹介いたします。

<岩手大学での支援の状況について>

島田さん 高校時代から競歩の競技選手として活動していまして、岩手大学はオリンピックの代表選手がいたこともある競歩の強豪校ということもあり入学を希望しました。その際に援助システムの存在を知ったのが支援室との関係の始まりです。

新村さん 入試の際の募集要項に、配慮が必要な学生に対する事前相談についてのご案内をしています。

今、当学では島田さんがロジャーを使っていて、補聴器を装用している学生も3名います。

ただ、ロジャーの使用方法や使用する意味などについてはもっと周りの理解度を増やしていきたいと考えています。(後述記載あり)

<ロジャーのご活用状況について>

島田さん 補聴器は中学生の時に初めて装用、その後効果の実感が感じづらくなり、装用機会が減っていく中、大学入学に併せて再度装用しました。ロジャー活用の前には、新村さんにノートテイクを週、7~8回依頼したり、授業では前方の席で受講をしたりしていましたが、聞きづらく集中できないことが多かったです。板書の書き写しは問題なかったですが、言葉で大事な話をされる際、特に英語や韓国語の授業が大変でした。

ロジャーを使うことで、今まで半ば諦めていた部分に対して、100%ではないですが聞こえるようになったことに対して自分自身も聞こうとする努力が増えました。

飲み会などでは色々なところから声がするので、なかなか活用できていません。(笑)

新村さん 島田さんは聾学校に通っていらしたわけではないので、大学に入られるまで補聴援助システムについての情報をお持ちでいらっしゃいませんでした。一般校には補聴援助システムについてはもちろん、補聴器も含め援助機器そのものの情報がほとんどないのではないかなと思います。もっと啓蒙の場面を増やしていただけると嬉しいです。

島田さん ロジャーは授業でしか使っていません。仲の良い友達や親には聞きづらい状況(補聴器装用し難聴であること)を話しているので、わからないことがあったりすると何回でも聞き直しています。

ただ、授業で先生にマイクの使用をお願いするときにも、すべての先生にすぐに使い方をしっかり伝えられないことや、依頼をする際に周りの他の生徒の目が気になったりする部分はどうしてもあります。

そういう部分も含め支援室の新村さんに色々相談をしながら解決するようにしています。

新村さん 授業のカリキュラムの作成を一緒にしていますが、教職員向けにもわかりやすい簡潔な説明資料があるといいと思っています。

 

<今後の進路やご希望>

島田さん 卒業後は、地元に戻って教職を目指したいと思っています。来月の8月から教育実習が始まります。教職になれたら、教員としてもロジャーを使用したいと思っています。周囲の理解を求めながら頑張っていきたいです。

新村さん 圧倒的に情報が不足しているなと感じます。メーカーの方にも啓蒙をがんばっていただきたいですし、自分たちも、学校内の理解度をもっともっと増やしていきたいと考えています。

取材させて頂いた新村さん(左)、島田さん(右)

【岩手大学 学生特別支援室URL:http://uec.iwate-u.ac.jp/osr/index.html

終始、とても明るい雰囲気でインタビューをさせていただきました。またお話を伺う中で色々な聴覚保障や情報保障の機器があることについての情報がお知らせしきれていないという事を強く実感しました。

1人でも多くの方に、色々な手段や道具があることを知っていただき、その中でご自身に合うものを見つけていただけるお手伝いが出来るように努力し続けて参りたいと思います。

インタビューにご協力いただきました島田さん、新村さんこの場をお借りしまして改めましてインタビューへのご協力、御礼申し上げます。

難聴児の支援活動に取り組まれている声援隊と、

みしま 難聴児を持つ親の会 様が静岡県三島市で開催されました講演会

『きっと もっと ずっと聴こう 8』 に参加させていただきました。

 

会では機器の展示をし、参加者の皆様からご質問をいただいたり、

展示に参加しているメーカーのパネルディスカッションに登壇したり

補聴援助システムと合理的配慮について弊社の社員が講演をさせていただきました。

<展示の様子>

また、会場内の展示に、聞こえないことによって起こる可能性のあることとして

↓のような表記や、学校の先生に求めたい配慮についてなどがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

複数人との会話の場面や騒がしい中などで弊社の機器を、

問題解決策の一つの選択肢として知っていただきたい、と思うと同時に

実際にお困りの声などをもっとお伺いして、難聴者/児の方たちと、

機器を使うことも含め、配慮をする側の方たちとの懸け橋になりたいと改めて思います。

貴重な機会を頂戴しましたこと、あらためて御礼申し上げます。

なお、静岡新聞の記事にも会の様子が掲載されておりましたので共有いたします。

twitter

swiss_phonakをフォローしましょう@swiss_phonak


アーカイブ