» 補聴器ワンポイントアドバイスのブログ記事

補聴器に対しては、あまり良いイメージがない というのが定説ですが

フォナックが、世界中の聞こえに関する情報をブログで紹介している

“Hearing Like Me”というページに同じテーマの話題がありましたのでご紹介します。

↓↓

“Hearing Like Me”から「補聴器のネガティブなイメージはもう終わり?」という記事のご紹介です。元の掲載記事はこちらからどうぞ。

世界人口の5%以上、つまり約3億6千万人もの人々が難聴を患っています。そして彼らがその問題を周りに打ち明け、助けを求めるまでに、平均して約十年もの月日を要します。いったい何故なのでしょうか?

補聴器はコミュニケーションを助け、心の健康のためにも有益であると証明されています。ではなぜ、多くの人々は問題解決のための最初の一歩を踏み出したがらないのでしょうか?

他人の視線が気になるから?メディアでは大抵、補聴器は高齢であることと関連付けられているからでしょうか?

では、もしもその認識が間違った情報に基づいているとしたらどうでしょう?ほとんどの人が補聴器に気付かず、ましてや見知らぬ人が補聴器を持っていることに興味がなかったとしたら?

難聴に対するネガティブなイメージを打ち壊しましょう。

もし、あなたの足の爪が巻き爪で、痛すぎて歩くこともで出来ないような状況だったとしたら、その巻き爪を治して、今までその痛みのせいで出来なかったことや諦めていたことをやりたいと思うのは自然なことでしょう。ほかの人が治療についてどう思うか気になったとしても、その心配は巻き爪の不快感と一緒に消えてしまうでしょう。人々はあなたが巻き爪で治療をしたことなんてすぐに忘れてしまいますし、ましてやわざわざ話に出してくることもないでしょう。

あなたの友達や同僚は、あなたの聴覚デバイスについてそれと同じように考えているかもしれません。

彼らはあなたが様々なことを見逃し、明らかに大変な思いをしている姿を見て、とてもがっかりするでしょう。あなたが初めて補聴器を着けた時、もちろん彼らはあなたの補聴器について気になるでしょうし、何か尋ねてくるかもしれません(もし誰かが包帯やギプスをしていたら気になるのと同じように)。ですが、尋ねられるのは最初だけで、それ以降、彼らはあなたに対しても、他の誰かに対しても、何かを言う事はないでしょう。

見ず知らずの人たちはあなたの補聴器に気づくことがあるのでしょうか?

もし気づいたとして、彼らはそれを気にするのでしょうか?

なぜ人々は補聴器を気にしすぎるのでしょうか?

沢山の人たちが補聴器や難聴に対してネガティブなイメージを持っているようですが、もしその考え方が、時代遅れの誤ったイメージだとしたらどうでしょうか?

現在販売されている多くの補聴器は目立たないものばかりで、リリックのような補聴器に関してはまず外から見えることはありません。(リリックは外耳道の奥深く、鼓膜近くに装着されるため見えないのです)

おそらく、人々はあなたが補聴器を着けていても気付くこともなければ、気にすることもないでしょう(実際に私が初めて補聴器を着けてスーパーマーケットでイベントを行った時も、全く何も起きませんでした)。

見知らぬ人たちはあなたが補聴器を着けていても着けていなくても全く気にしないのです。あなたの家族や友達、同僚たちはきっと喜んでくれるに違いありません。

目立たたない補聴器

最近では、多くの有名人たちが補聴器をつけていることを隠さなくなりました。

2014年の10月には、エディンバラ公フィリップ殿下が93歳の時に初めて補聴器をしていることが報じられました。

ある記者は次のように述べました。「一体いつからフィリップ殿下が補聴器を着けていたのかは定かではありませんが、少なくともビクトリア十字勲章とジョージ十字勲章受章者との写真を撮影した際には、既に補聴器を着けていました。その補聴器は、見えるとはいっても、話をしている退役軍人やその家族が、耳の横のワイヤに気付く程度のものでした」

動き出しましょう、もう何も隠す必要などないのです

王室の人々のように普段から注目を集めるような人々でさえ、ずいぶんと前から聴覚デバイスを使い続けていたのかもしれません。

つまり、私たちに置き換えてみたとしても、何も隠す必要などないのではないでしょうか?恐らく、聴覚デバイスというものは’見る人次第’であり、しかもその肝心の見る人たちは、あなたがそれを持っているということにすら気付きません。それならば、人々がどう考えるかを気にするよりも、自分にとっての最良の聴覚デバイスは何かを考えましょう。

人々がフィリップ殿下の補聴器に気づいた時、Majesty magazineの編集長であるジョー・リトルはこう伝えています。”この一年間にわたり明白だったのは、フィリップ殿下が女王陛下と共に出かけられた際、自分の周りで何が話されているのかを理解されておらず、女王陛下が彼に伝える必要があったということです。私が考えるに、彼の聴力は聞こえづらい瞬間が増えていたのでしょう。ですから、補聴器の装用は彼にとって、日常生活のクオリティを向上させるための一つの手段に過ぎないのです。”

これは、’聞こえない’ということは、補聴器を付けるよりも人々から気付かれやすいということを表しているのではないでしょうか?

ニューヨークタイムスが特集したフィリップ殿下の公務引退の際の印象的な記事の中には、フォナック補聴器を装用している彼の姿がありました。

↑↑

以上記事のご紹介でした。

世界中で補聴器のイメージがあまり良くない という調査結果を目にします。

毎日の生活をより良く充実したものにしていただける器械として、補聴器をより多くの方に活用いただけたら嬉しいなと思いますので、そのために、これからも正しい情報や使い方をお伝えして参りたいと思います!

2018年の最初の新製品を本日18日より発売開始とさせていただきます。

※本来弊社HPへの掲載をしたいのですが、現在フォーマットをスイス本社で改訂中につき、当面本ブログにて最新情報をご紹介いたします。

2018年の最初の新製品となりました フォナック オーデオ B-ダイレクトと、フォナック バート Bの開発背景と製品概要をお知らせいたします。

[フォナック オーデオ B-ダイレクト]

この補聴器の開発背景にあるのは42%と6割。94%の3つの数字です。

この数字は補聴器ユーザーの方の日常についてのリサーチから見えた数字です。

42%と6割

42%という数字は補聴器のユーザーさんの電話での通話品質に対して満足度です。(Japan Track2015より)

補聴器ユーザーの方の多くは電話の品質にお悩みをお持ちです。

そこで近年複数の会社から、iPhoneとのダイレクト通信が可能な補聴器が発売になっています。

ここで気づいていただきたいのが 『iPhoneとの』ダイレクト通信 である点です。

日本での携帯電話の普及割合をみると、iPhoneユーザーは他国に比べて確かに多いのですが

実際には全世代で約3割、60代以降になると6割がその他のOSのユーザーです。(データ:XERA(株式会社Gogasha)のWebページ、Marketing Research Camp のWebページより)

そこでフォナックのオーデオB-ダイレクトはなるべく多くのユーザーの方の携帯電話通話の品質をあげられるように

自社でチップを開発し、Bluetooth®との接続で補聴器と携帯電話のダイレクト通話が可能な補聴器を開発することに至りました!

自社開発の2.4GHz電波の使用が可能なチップ「SWORD(TM)」(Sonova Wireless One Radio Digital Chip)を採用することで

Bluetooth®搭載の携帯電話とのダイレクト通信を可能にしました。

携帯電話をバックやポケットにしまったまま、携帯電話が離れた場所にあっても(5m以内)補聴器のボタンを押すだけで

通話が可能になる “ 真のハンズフリー ”通話を実現します。

94%

この数字は補聴器ユーザーの方にSonova本社が実施したアンケートの結果です。

何の数字だと思われますか?

これは、1日に1度はテレビを観ると回答してくださった方の数です。

多くの方がテレビをより快適にみられることも望んでいらっしゃいます。

そこでこのオーデオB-ダイレクトでは専用の「テレビコネクター」を開発しテレビや音楽プレーヤーに接続するだけでその音声を補聴器で楽しむことも出来るようになりました。

<主な特徴と機能>

オーデオB-ダイレクト

新世代Belong(ビロング)のRICタイプ

– 進化したオートセンス OS採用(サウンドリカバー2、小さな音の聞き取り改善、左右バランスの良い利得設定)

– 3クラスのプライスレンジ

– フォナック初の携帯電話を使用したダイレクト通信が可能な補聴器(各携帯電話のBluetooth®に接続)

– 使用可能なレシーバータイプはM、P、UP(UPはSPシェルが必要です。(注1))

IP68取得

<価格等情報>

<カラー>

カラーは下記の9種類になります。

(注1)M、Pのレシーバーの場合SPシェルはオプションで選択が可能です。(いずれも別途、代金がかかります。補聴器と同時購入の場合は10,000円(非課税)、別購入の場合はレシーバ代金含め15,000円(非課税)。

 

[フォナック バート B]

開発の背景にあったのは、“初めて補聴器をお使いになるお客様の 62%が”目立たない補聴器がほしい”というご意見でした。

フォナックは2017年7月に、より目立ちにくい補聴器を追い求め、薄くて、強い、チタン合金を耳あな型補聴器に初めて採用したフォナックバートB-チタンを発売し、好評をいただいてまいりました。

今回通常のシェルを利用し、革新的な技術であるバイオメトリックキャリブレーションを採用した世界初(注2)の『音もオーダーメイド』した耳あな型補聴器を開発いたしました。

バイオメトリックキャリブレーションの機能によって、耳の解剖学的構造に対応した1600以上のポイントから得られる情報をもとに、指紋のようにここに異なる耳全体の形状を精密に分析し、耳介で発生する音響効果をそれぞれの耳に合わせて作り出すことが出来る、次世代のオーダーメード補聴器です。

※注2:2018年1月現在当社調べ

製品概要は下記の通りです。

– 新世代Belong(ビロング)のIIC/CIC からフルシェルまで耳あな型6タイプ
– 世界初 バイオメトリックキャリブレーション機能の搭載で形も音もオーダーメードに。
– 進化したオートセンス OS、サウンドリカバー2、エクスパンションにより音質向上
– 4クラスのプライスレンジ(90 / 70 / 50 / 30)
ITEで防水防塵IP68取得(B-10 NW O、B-10 O)

– クロスBカスタムも同時に導入

<価格等情報>

多くの方により快適な補聴器との生活を送っていただけるお手伝いが出来ますように、新製品に思いを込めて本日より発売開始いたします!

新製品が掲載された総合カタログはこちら↓からご確認いただけます。(10Mの重たいPDFファイルになります。)

各製品の取り扱い説明書はこちらから↓ご確認ください。

フォナック オーデオB-ダイレクト 取扱説明書

フォナック バートB 取扱説明書

フォナック テレコネクター 取扱説明書

先日フォナック 補聴器塾の後期日程をご紹介させていただきました。

 

お申込の際や、補聴器塾について頂戴するご質問の中に、

どんな形で開催されているのかご質問いただくことがございますのでご紹介いたします。

 

東京での開催は弊社五反田オフィス、それ以外の場合は会議室などを借りて実施しています。

五反田本社での基礎コース ”フィッティング” の講座風景です。

満席のお申込を頂戴し、弊社の講師の講義を皆様真剣に受講いただいています。

 

各講座内容にもよりますが、1講座につき最大でも10名様までの応募とさせていただき、

ご参加いただくお1人お1人により深く、より新しい情報をお持ち帰りいただきたいと考えています。

 

補聴器塾 後期日程のご案内受付開始したばかりですのでまだお席に余裕がございます。

間近になるとお席が埋まりやすくなってまいりますので、お申込みいただける際は

お申し込みページ または、こちらのブログ,からご連絡ください。

それ以外のお問い合わせ:juku.jp@phonak.com(担当:聴覚教育部

※補聴器塾の参加対象者は補聴器販売従事者の方と補聴器および聴覚に関わる医療従事者の方とさせていただいております。何卒ご了承ください。

 

補聴器、ロジャーをご利用いただいてる方から頂戴するよくある質問に、「無くさないように使用する方法は?」というお問い合わせがあります。

フォナックでは成人用・お子様用の2種類の紛失防止用クリップを用意しております。

お子様用

成人用

クリップの両端を補聴器にとおして、真ん中のクリップ部分をお洋服や帽子などに留めてお使いいただけます。

ご質問いただく中でも、特にお子様が補聴器をお使いの親御様から、お子様の補聴器の紛失を心配なさる声をいただくことが増えております。

先日レオ君カレンダー画像募集の件のご紹介でフォナックのインスタグラムを紹介いたしました。

そちらに掲載されていましたお子様のクリップご利用画像2点も併せてご紹介します。

赤ちゃん~小学生くらいのお子様にはこちらのお子様用を、小学校の高学年くらい以上のお子様には上記、成人用のクリップをご利用いただいてもよろしいかもしれません。

また以前にブログ内で、人工内耳用とロジャー受信機の落下防止として、お子様用の落下防止クリップと、ロジャー受信機を留める文房具のご紹介をさせていただきました

2016年7月にロジャー タッチスクリーン マイク を発売させていただいてから、同様のご質問をいただくことも増えましたので、再度のご紹介でした。ご参考いただけましたら幸いです。

補聴器をご利用いただくエンドユーザー様からいただく要望の中に

「補聴器のことを良く知らないで買ってしまった」というお声をいただくことがあります。

我々メーカーとしての力不足を感じる部分でもありますが、業界全体としても

使っていらっしゃるユーザー様の満足度をより高めようと、様々な取り組みが行われております。

 

取り組みの一貫として、日本補聴器販売店協会主催の、補聴器販売者技能向上研修が開催されることになりましたので、ご案内いたします。

補聴器販売者技能向上研修

本研修は12月4日~全国7都市で開催され、研修の参加費は無料になります。

我々も補聴器に携わるものとして、参加させていただきます。

参加の詳しいお申し込みは日本販売店協会様のHPおよび下記からご確認ください。

研修のご案内 研修内容 申込書

twitter

swiss_phonakをフォローしましょう@swiss_phonak


アーカイブ