» 紹介のブログ記事

6月29日(金)30日(土)に開催された、

AHEAD-Japan(全国高等教育障害学生支援協議会)の第4回大会に

展示参加させていただきました。

当日は障害をもつ学生が、社会参加のための教育を受けられる環境のために

何ができるか という雰囲気が会場を占めるなか、

参加者の先生方からロジャーの試聴希望をいただいたり、

実際にロジャーの機器を導入された、その後に発生した疑問点やご質問等についてお話させていただいたり、

大盛況の会場のなか、たくさんの有難いお時間を頂戴しました。

また、開催されていた分科会においても、大学等における支援体制の構築についてや、

将来の障害学生支援コーディネートの在り方について、といったテーマで

障害学生支援に取り組まれる先生方のお話をお伺いできる機会もありました。

第4回大会HP:http://ahead-japan.org/conf/2018/program.html

 

ロジャーをはじめ、フォナックの機器を数ある選択肢の中から選んで使って活用いただくことで、

お使いになっていらっしゃる方が社会の中で快適に、

そして羽ばたいてご活躍いただけたら、こんなに嬉しいことはないと改めて思います。

 

また、たくさんの方々がご自身に合った解決策をお選びいただけるよう、

その一つの道具として知っていただけるよう、

これからも試聴体験していただける機会や、場所を増やして参りたいと思います。

2016年4月に施行されました障害者差別解消法に基づく合理的配慮の一環として大学や企業からロジャーのお問い合わせや設備導入の案件が増えております。

早稲田大学 障がい学生支援室様ではフォナックのワイヤレス補聴援助システムがFMの時代から設備器材としてご活用いただいております。 今回、ロジャーのタッチスクリーン マイクやパスアラウンド マイクをご導入いただきましたご担当者、志磨村早紀さんと、実際にご活用いただいている学生、河野葉月さんにお話をお伺いしましたのでご紹介いたします。

障がい学生支援室でのご対応について

― 早稲田大学におかれまして、所属学生に対してどのような形で支援の姿勢を発信・共有なさっていらっしゃるのでしょうか。

志磨村さん 早稲田大学では入学希望者の願書提出時に、特別な支援が必要な方からの申し出を受け付けています。その申し出を受理後、障がい学生支援室でどのような配慮の提示が可能かを検討し、当該の学生に対してその旨をお伝えしてから実際の受験に進む形で支援を行っています。

私自身も補聴器を使っていて、早稲田の卒業生なのですが、私の入学時にも対応についての説明がありました。

河野さん  いくつかの大学を受験して、一番しっかりと配慮について提示いただけました。配慮があることで安心して受験できました。みんな自分でサポートのある大学の情報を調べたりしています。

志磨村さん 入学後にも、面談や都度相談の機会を持つことで、必要なサポートの確認や手配をしたり、サポート機器の貸し出しを行ったりという形で支援の体制とっています。またHPを通して様々なサポートの情報を発信しています。

早稲田大学で配布されている支援内容についてのガイドブック 学内での様々な障がいに対する合理的配慮の姿勢について詳細が説明されています。

― 河野さんは今、ロジャーをどのようにご活用でいらっしゃいますか

河野さん 両方の耳に補聴器を使用していて、FMの受信機をもともと持っていたので、送信機としてロジャーインスパイロを、受信機としてロジャー マイリンクを借りています。講義の時にはインスパイロを先生にお渡しして、

グループワークなどの際にはタッチスクリーン マイクを使っています。

志磨村さん 支援室では、ロジャー タッチスクリーン マイクを貸し出しを行っています。

 

― 河野さん以外の学生でロジャーをご活用されているかたはいらっしゃいますか。

志磨村さん 他に1人使っています。2人以外にも試してみたいということで貸し出しをした学生は何人かいますが、相性というか活用がしっくりこず、他の支援を活用している聴覚障がいの学生もいます。

河野さん マイクを持ってもらう ということに遠慮する気持ちができたり、ちょっとした使い方の説明を自分でしたりするのでタイミングによっては遠慮してしまうこともあります。色々な支援との組み合わせを知っているのが大事なのかもしれません。自分は小学生のころからFMをつかっているので先生にマイクを渡すのも慣れている方ですが、先生によっては講義開始のちょうどのお時間にいらっしゃったりするので、そういう場合にはマイクを渡すタイミングを逃してしまうことがあったりします。その場合はノートテイクのサポートで内容を確認したりすることによって情報を逃さないように工夫しています。

<ロジャーを活用いただくなかで、課題だと感じることは何かおありになりますか?>

志磨村さん やはり、使用する学生がマイクを話者に渡すタイミングや、使用方法の説明の仕方などには改善の余地があると思います。例えば使う側が聞こえているかの確認をする方法や、衣擦れ音が出ないようにする工夫など、毎回毎回自身で説明をするのは地道に大変なので、サポートツールがあるといいなと思います。

河野さん グループワークの雑談の時に、タッチスクリーン マイクを置きっぱなしにする方もいらっしゃるので、そういった簡単な使用説明書はあると助かります。

<今後の目標などお伺いできますか?>

河野さん 4月に入学した人間科学部には、文系と理系の両方の勉強を、学科を超えて学べる環境があるので、色々な勉強をしていく中で、方向性を探していきたいと思っています。

志磨村さん 様々なサポート方法があるので、障がい学生が自分で活用方法を選択し、学びを充実させていけるように支えていきたいと思っています。

お話をお伺いした障がい学生支援室の志磨村さん(右)とロジャーをご活用いただいている河野さん(左)

 

お二人にお話しいただく中で、ロジャーの送受信機を様々な支援方法と一緒に活用していただいている場面や使い方そのものについても、より発信していきたいと感じました。

貴重な機会をいただきましたお二人と早稲田大学障がい学生支援室の皆様に改めましてお礼申し上げます。

早稲田大学 障がい学生支援室 リンク:https://www.waseda.jp/inst/dsso/

日本は世界で超高齢社会として注目を浴びています。(WHOや国連の定義で、総人口のうち65歳以上の高齢者が占める割合が21%超えた社会。)

超高齢社会について考えるとき、ついつい加齢によっておこる「良くない変化」に目を向けがちです。国立長寿医療研究センターの研究から、人が持つ「知的な能力」のうち、「情報処理の力」は50代中ごろをピークに低下するが、「知識力」については70台を境に緩やかに低下しても、90代の時点で40代よりも高い得点を示すことを発表していて、高齢になっても、このような能力を大切に伸ばすことがとても重要だとしています。

高齢社会に伴い問題が浮き彫りになってくる状態として「認知症」についてもこの「知的な能力」との関係性が同センターにより発表されています。(※認知症とは医学的にはまた診断が決められず、原因もはっきりしていない状態のことを表していて、(https://info.ninchisho.net/mci/k10 参照)上記ページによれば、認知症という症状にはいくつかの種類、アルツハイマー型認知症、脳血管型認知症、レビー小体型認知症があり、60%がアルツハイマー型のため、一般的に認知症=アルツハイマーと認識されているとのこと。またその症状には段階があり軽度の認知障害にあたる段階にある患者さんの数は高齢者が増えるごとに増え、2025年には約1300万人=65歳以上の3人に1人が認知症患者とその予備軍になるといわれています。)

 

国立長寿医療研究センターでは、認知症のうち、いわゆる「知的な能力」の低下に、外から入ってくる情報が難聴によって少なくなることで影響を受ける可能性を推察していますが、聴力については補聴器を活用しての認知機能の予防についてはまだ結論はなく、世界中で現在行われている研究を待つ必要がある としています。記事はこちらからどうぞ。

 

認知症といえば、難聴者の方とかかわる機会の多い補聴器業界では、厚生労働省が作成したオレンジプランの中に認知症の原因の1つに難聴があげられているため、いかに難聴を予防・緩やかな変化にするか 我々ができることについてよく議論されます。(※オレンジプランとは認知症の啓蒙も含めた、医療・介護・介護予防・住まい・生活支援を包括的にケアするための戦略です。(https://info.ninchisho.net/mci/k90 参照))

 

補聴器や補聴援助する機器を扱うものとして、認知症と難聴の関係についてはより、深く知る必要があり、これからの研究結果を待ちつつ、今確かなこと=補聴器や補聴援助の機器が聞こえに課題を抱える方の問題を解決するお手伝い、解決策の1つであることを確かな情報と共に提示していくことが大事だと改めた記事の紹介でした。

2017年も残すところあと4日となりました。

私たちフォナックも本日が年内の最終営業日とさせて頂きます。

本年中も沢山の応援をいただきありがとうございました。

 

年内最後のブログ記事としまして、ボタン電池の誤飲事故について改めてご紹介したいと思います。

先日2017年12月17日の日本経済新聞のニュース記事に、東京慈恵医大と一般社団法人「電池工業会」(東京)による誤飲についての初の実態調査についての話題(リンク)がありました。

記事内でもあるように、

■電池はお子様の手の届かないところで保管

■電池のふた部分が外れやすくなっていないかなどを確認

■お子様の見えない場所で交換する

などの予防策が呼びかけられています。

 

補聴器を使用される方の中には普段、小さなお子様がお近くにいらっしゃらない方もおいでになるかと思います。年末年始にはご家族・ご親戚など大人数で集まられる機会も多くおありになることと思います。そんな時には上記予防策を是非ご活用いただけたらと思います。

 

補聴器自体も電池誤飲を防ぐ機能として、特にフォナックの小児向け補聴器 フォナック スカイVシリーズにはチャイルドロック機能によって電池蓋の開け閉めを大人が管理し、誤った事故が起きないような工夫がされています。

また、電池についての注意喚起のニュース記事を見て、2016年12月から発売を開始しましたフォナック ビロングシリーズの充電タイプ補聴器のように、補聴器に一体型で作られた充電池には、空気電池の交換の手間が省ける他に、誤飲事故を防ぐことが出来るという隠れたメリットもあるなあということを再発見しました。自画自賛のようで恐縮ですがご容赦ください。。

沢山の人と再開の時間を、皆様が楽しくお過ごしになられますように。

皆さまと皆様の大切な方々、共に笑顔で良いお年をお迎えくださいませ。

 

ボタン電池についての補聴器業界での対応については2014年のブログ記事でもご紹介しております。当時の記事はこちらからどうぞ。

2017年も残すところあと11日となりました。

今年も沢山の話題がありましたが、フォナックのスイス本社で監修しているHearing like meのブログ(ブログサイトの紹介記事はこちら から)でソーシャルメディアで反響の大きかった、聴覚関係のニュースをまとめた記事があがっていましたので、ご紹介いたします。

1位~5位まで

第1位 ティーンの女優 一側性難聴を告白

Millie Bobby Brownというティーンの女優さんはNetflixで配信されているドラマで一躍有名になった方だそうです。

彼女が自身の一側性難聴について公にしたことに話題が集まったそうで、記事内では他にも難聴を告白し、難聴への理解を広めたいと活躍されている著名人についての話題が上がっています。元記事はこちらから

第2位 装用が楽しい補聴器・イヤモールド

日本でも補聴器やイヤモールドでカラフルな工夫を楽しまれている方々の話題を目にすることがありますが、この記事でも補聴器で彩りも実際に楽しまれている方の紹介と、フォナックのインスタグラムの画像を紹介しています。元記事はこちらから

フォナックのインスタグラムはこちらから

第3位  難聴を治す薬?

アメリカのBrigham and Women’s Hospital (BWH), MIT, and Massachusettsの共同研究で、感音性難聴の起因となる内耳の有毛細胞損失に対して、再生を促すことを目指した治療薬のマウスでの実験が成功したというニュースが3位にあがっています。

日本でも、有毛細胞への再生アプローチについて様々な研究が進んでいますが、この研究も感音性の難聴、特に後天的に発生した加齢や投薬投与、事故等の刺激による有毛細胞の損失現象に対して有効だと考えられ、1年半以内に人体での治験を始める見込み という楽しみなニュースで多くの方にシェアされています。

元記事はこちら

4位 GAPのコマーシャルに補聴器をつけた赤ちゃんが登場

衣料品ブランドのGAPで、製品コマーシャルに初めて補聴器をつけた赤ちゃんが採用されました。多くのメーカーやブランドが多様性を前面に打ち出した広告やプロモーションを始めています。障害のある なしに関わらず、社会全体が一人一人に出来る事を受け入れ認め合うことを願っている人が多くいることを嬉しく思い、私たちも聴覚に関わる仕事をするものとして、積極的な発信を続けたいと思うニュースでした。

元記事はこちらから

5位 Chris Prattの謝罪と依頼

日本でもガーディアンズ・ギャラクシーという映画で一躍有名俳優の仲間入りをしたChris Prattが、自身のインスタグラムで自身のSNS発信に配慮が足りなかったことを謝罪し、SNSのシステムに使いやすさを求めた というニュースです。

字幕機能がないことでそれを楽しめない人が多くいるという事に自分は関心がなかった という事を謝罪した動画を彼のような有名俳優が発信したことで、動画をより多くの人に楽しんでもらえるために字幕を簡単につけられるなどの追加機能が多くのSNSに追加されたら嬉しいなと思う記事でした。

元記事はこちらから

5位以下も興味深いニュースが沢山ありますので、よかったら是非ご覧ください。

全て英語の記事ですが、以前ご紹介しました翻訳方法である程度お読みいただけると思いますので、そちらも是非お試しください!

翻訳方法については本記事最初にリンクを貼っているご紹介の記事からどうぞ

 

<5位以降のニュースタイトルのみ紹介します↓>

6位 アーティスト 補聴器を装用したディズニープリンセスの絵を公開

https://www.hearinglikeme.com/artist-drawing-hearing-aids-on-art-to-break-down-stigmas/

7位 エレンの部屋※1に10歳の補聴器装用者登場

https://www.hearinglikeme.com/ellen-talks-with-boy-raising-money-for-hearing-aids/

※1 日本でいう徹子の部屋のようなアメリカの超有名番組

8位 三つ編みが補聴器を輝かせる

https://www.hearinglikeme.com/sweethearts-hair-design-braids-for-hearing-aids/

9位 アメリカ の人気番組で聾の歌手が話題

https://www.hearinglikeme.com/deaf-singer-americas-got-talent/

10位 ジュエリーで補聴器の啓蒙

https://www.hearinglikeme.com/louder-jewelry-deaf-jewelry-line/

 

全て読み直すと、改めて難聴や補聴器に関しての社会の理解や認知の状況は少しづつ良い方に向かっているような期待に満ちた明るい気持ちになります。

ソノヴァ・ジャパンでも、日本国内で同じような発信が出来るように工夫して行きたいと思っております。

皆さんがご存知のことで多くの方に知ってもらいたいことなどありましたら是非共有ください!

twitter

swiss_phonakをフォローしましょう@swiss_phonak


アーカイブ