» 障害者総合支援法のブログ記事

2016年4月に施行されました障害者差別解消法に基づく合理的配慮の一環として大学や企業からロジャーのお問い合わせや設備導入の案件が増えております。

早稲田大学 障がい学生支援室様ではフォナックのワイヤレス補聴援助システムがFMの時代から設備器材としてご活用いただいております。 今回、ロジャーのタッチスクリーン マイクやパスアラウンド マイクをご導入いただきましたご担当者、志磨村早紀さんと、実際にご活用いただいている学生、河野葉月さんにお話をお伺いしましたのでご紹介いたします。

障がい学生支援室でのご対応について

― 早稲田大学におかれまして、所属学生に対してどのような形で支援の姿勢を発信・共有なさっていらっしゃるのでしょうか。

志磨村さん 早稲田大学では入学希望者の願書提出時に、特別な支援が必要な方からの申し出を受け付けています。その申し出を受理後、障がい学生支援室でどのような配慮の提示が可能かを検討し、当該の学生に対してその旨をお伝えしてから実際の受験に進む形で支援を行っています。

私自身も補聴器を使っていて、早稲田の卒業生なのですが、私の入学時にも対応についての説明がありました。

河野さん  いくつかの大学を受験して、一番しっかりと配慮について提示いただけました。配慮があることで安心して受験できました。みんな自分でサポートのある大学の情報を調べたりしています。

志磨村さん 入学後にも、面談や都度相談の機会を持つことで、必要なサポートの確認や手配をしたり、サポート機器の貸し出しを行ったりという形で支援の体制とっています。またHPを通して様々なサポートの情報を発信しています。

早稲田大学で配布されている支援内容についてのガイドブック 学内での様々な障がいに対する合理的配慮の姿勢について詳細が説明されています。

― 河野さんは今、ロジャーをどのようにご活用でいらっしゃいますか

河野さん 両方の耳に補聴器を使用していて、FMの受信機をもともと持っていたので、送信機としてロジャーインスパイロを、受信機としてロジャー マイリンクを借りています。講義の時にはインスパイロを先生にお渡しして、

グループワークなどの際にはタッチスクリーン マイクを使っています。

志磨村さん 支援室では、ロジャー タッチスクリーン マイクを貸し出しを行っています。

 

― 河野さん以外の学生でロジャーをご活用されているかたはいらっしゃいますか。

志磨村さん 他に1人使っています。2人以外にも試してみたいということで貸し出しをした学生は何人かいますが、相性というか活用がしっくりこず、他の支援を活用している聴覚障がいの学生もいます。

河野さん マイクを持ってもらう ということに遠慮する気持ちができたり、ちょっとした使い方の説明を自分でしたりするのでタイミングによっては遠慮してしまうこともあります。色々な支援との組み合わせを知っているのが大事なのかもしれません。自分は小学生のころからFMをつかっているので先生にマイクを渡すのも慣れている方ですが、先生によっては講義開始のちょうどのお時間にいらっしゃったりするので、そういう場合にはマイクを渡すタイミングを逃してしまうことがあったりします。その場合はノートテイクのサポートで内容を確認したりすることによって情報を逃さないように工夫しています。

<ロジャーを活用いただくなかで、課題だと感じることは何かおありになりますか?>

志磨村さん やはり、使用する学生がマイクを話者に渡すタイミングや、使用方法の説明の仕方などには改善の余地があると思います。例えば使う側が聞こえているかの確認をする方法や、衣擦れ音が出ないようにする工夫など、毎回毎回自身で説明をするのは地道に大変なので、サポートツールがあるといいなと思います。

河野さん グループワークの雑談の時に、タッチスクリーン マイクを置きっぱなしにする方もいらっしゃるので、そういった簡単な使用説明書はあると助かります。

<今後の目標などお伺いできますか?>

河野さん 4月に入学した人間科学部には、文系と理系の両方の勉強を、学科を超えて学べる環境があるので、色々な勉強をしていく中で、方向性を探していきたいと思っています。

志磨村さん 様々なサポート方法があるので、障がい学生が自分で活用方法を選択し、学びを充実させていけるように支えていきたいと思っています。

お話をお伺いした障がい学生支援室の志磨村さん(右)とロジャーをご活用いただいている河野さん(左)

 

お二人にお話しいただく中で、ロジャーの送受信機を様々な支援方法と一緒に活用していただいている場面や使い方そのものについても、より発信していきたいと感じました。

貴重な機会をいただきましたお二人と早稲田大学障がい学生支援室の皆様に改めましてお礼申し上げます。

早稲田大学 障がい学生支援室 リンク:https://www.waseda.jp/inst/dsso/

  • 「補聴援助システムを学ぶ会」を、埼玉県さいたま市大宮区で開催させていただくことになりました。

9月29日(土)に、軽度・中等度難聴児支援ネットワーク様と大宮のソニックシティにて開催いたします。

入場費は無料です。(会場でお子様向けのスペースもご用意しますのでぜひご家族様でご来場ください。)

お子様に、補聴援助システムが実際にはどのように聞こえているのか?を保護者の方々はもちろん教育ご担当者様にも、試聴・体験して頂ける機会です。

過去に同内容の会にご参加いただいた皆様からは、実際にお子様の耳にどんな音が届いているのかが体験できてよかったという声を頂戴しております。

2017年1月開催の様子はこちら、7月開催の様子はこちらからご覧ください。

皆様のご参加お申込み、お待ちしております。

<補聴援助システムを学ぶ会>
日時:9月29日(土)14:3016:00
会場:ソニックシティビル 9階905会議室 (大宮駅西口徒歩3分)
(さいたま市大宮区桜木町1丁目7−5)

ご案内とお申込書はこちらからどうぞ↓

補聴援助システムを学ぶ会 ご案内・お申込み用紙

2月25日(日)に沖縄県沖縄科学技術大学院大学で沖縄県難聴・中途失聴者協会様が主催される福祉講演会の中で、補聴援助システムと合理的配慮についての講演をさせていただきます。

聞こえのバリアを感じない世界を実現したい というフォナックの思いをお伝えできればと思っております。

お近くにお住いの皆様でご都合のつかれます際はご参加いただけましたら幸いです。

お申し込みはwebサイト、上記FAX送信またはメールアドレス:okinankyo@gmail.comにご連絡ください。(沖縄県難聴・中途失聴者協会様窓口)

あっという間に1月も後半に入りましたね!

1月6日に、福岡で、福岡こどものきこえを支援する会が主催の

人工内耳装用時の支援研修会にて、デジタル補聴援助システム「ロジャー」の講演の時間をいただきました。

会のなかでは、九州大学の松本先生から「福岡県の人工内耳装用時の現状」と、「人工内耳緊急時の対応について」、

福岡大学の永田先生から、「人工内耳機種3社のご説明」のご講演がとがあり、参加された先生方から講演後にも活発な質疑が行われていました。

ロジャーについても多くのご質問を頂戴し、学校の先生方が普段ご心配になられている懸念点(お子様の機材の故障時の対応など)を

直接お伺い出来る有難い機会となりました。

 

改めまして参加させていただきました御礼を申し上げます!

少し前のご報告になってしまいますが、10月28日(金)から札幌学院大学で開催された、第13回日本聴覚障害学生高等教育支援シンポジウムに、29日(土)の機器展示にて参加させていただきました。

本会のテーマは「障害者差別解消法から1年を経て考える」として、各大学の学生支援の現状を情報共有する場とされ、約400名の参加者の方がいらっしゃいました。

フォナックでは、昨年の法律施行に併せ、聴覚障害をお持ちの学生さん・社員さんがいらっしゃる各教育機関様や企業様からのお問い合わせが増え、ロジャーのデジタル サウンド フィールドをはじめとし、ロジャー タッチスクリーン マイク、ロジャー パスアラウンド マイクを導入・活用いただく機会が増えました。(ANA様の導入事例ご紹介はこちらから)

しかしながら、いまだ、「合理的配慮」についての認知は広がっていない部分が多いと感じられる場面も多く、当日も弊社の過去のロジャーにまつわるブログをピックアップして印刷した冊子をご確認いただいたり、実際のロジャーの聞えを体験されて、驚かれる学生さんが多くいらっしゃいました。

フォナックが応援する、『聴覚障害を持つ人も持たない人も聞こえのバリアを感じない社会』において、これからますます情報の発信・共有が大事になっていきます。正確な情報が早くしっかりと浸透するような発信を心掛けていきたいなと改めて考えさせていただきました。

 

 

twitter

swiss_phonakをフォローしましょう@swiss_phonak


アーカイブ