» ビロングシリーズのブログ記事

秋から一気に冬の気配が深まってきましたね!

もうすぐ師走、12月には飛行機に乗って帰省されたり旅行されたりなさる方がたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、この時期に良くいただくお問合せ、『ワイヤレス機能が搭載されている補聴器は飛行機に乗る時にどのように対処したらよいのか』 というご質問についてお答えします。

補聴器にワイヤレス機能が搭載されていても、補聴器は飛行機のなかで使用していただけます。
ただし!、ワイヤレス機能を「フライトモード」に切り替えていただく必要があります。

携帯電話もフライトモードへの切り替えを指示されると思うのですが、
それと全く同じですね!

ワイヤレス機能が搭載されている オーデオB-ダイレクトのフライトモード設定方法は
↓の通りとてもカンタンです!

安心して飛行機に搭乗なさってください!!

ご参考までに日本国内の航空会社で補聴器や聞こえに課題のある方に向けたご案内が
掲載されている会社の、説明ページのリンクを掲載します。
気になられる方はご確認くださいませ!

ANA
https://www.ana.co.jp/ja/jp/serviceinfo/share/assist/support/hearing.html

JAL
https://www.jal.co.jp/jalpri/handicap/hearing.html

楽しい旅を♪

明日11月21日はテレビの日だそうです。

テレビの音声が補聴器に直接届いたり、携帯電話の通話音声が補聴器に届いたりする便利なオーデオ B-ダイレクトをご存知でしょうか。

今日は発売からもうすぐ1年、最近お問合せをよく頂戴するオーデオ B-ダイレクトの携帯電話の便利機能を改めてご紹介します。

楽しそうに笑っているこちらの男性、オーデオB-ダイレクトをつけてお料理をしながら、携帯電話を手に持たずに会話を楽しんでいます。

オーデオB-ダイレクトは、Bluetooth®内蔵の携帯電話 と接続して、ハンズフリーで通話することが出来ます。

携帯電話とペアリングすると、通話相手の声が補聴器を介して直接聞こえ、自分の声は補聴器のマイクが拾って通話相手に届けて会話ができます。

補聴器のマイクで相手の方に自分の声を届けるので、補聴器のマイク位置に気を付けて補聴器を使っていただきます。

※ハンズフリー通話を行うには、携帯電話がHFPプロファイルに対応している必要があります。

補聴器のマイクが電話の相手に自分の声を届けるのでハンズフリーで会話ができます。

お料理中や趣味の作業をしながら、携帯電話やスマートホンを手に持たずに携帯電話で会話が楽しめる補聴器、オーデオB-ダイレクトの機能、いかがでしたでしょうか。

ホームページに掲載されている動画も是非ご覧ください!

簡単な操作方法も併せてご紹介↓

電話を受ける時の操作

電話を切る時の操作

電話を拒否するときの操作

 

業界初の医療用チタン合金をシェルに使用した 「フォナック バート B-チタン」の3Dプリント技術が 国際賞 「CES 2019のイノベーションアワード」を受賞いたしました。

※「CES Innovation Awards」は、28の製品分野で注目すべき製品を複数表彰するもので、製品の品質、デザインの美しさ、ユーザーに提供する価値、製品仕様の独自性と新しさ、競合製品に比べての革新性という評価基準で審査される国際的な賞です。

 

受賞製品「フォナック バート B-チタン

■チタン合金採用の耳あな型補聴器開発背景と特徴

チタン合金は頑丈で耐久性に優れ、多用途で活用されかつ軽量です。生体適合性も高く、プレミアムな医療製品や高性能の乗用車、最高品質のスポーツ用品まであらゆる分野で使用されています。フォナックは最新の3D印刷技術により、今回このチタン合金を耳あな型補聴器のシェルに採用し、フォナックにこれまでなかったサイズのオーダーメイド補聴器を実現させました。

 

バート B-チタンは従来のアクリルシェルの半分=50%の薄さで作成でき、同時にマイクロホンと電池ホルダーが一体化したモジュールの開発によって究極の目立たなさを、またITEでフォナック初めてのIP68の防水防塵規格を取得したことで、ユーザーのニーズにより応えることが可能な製品となりました。

また、フォナック独自の技術「バイオメトリックキャリブレーション」が採用されているため、より洗練された形状のオーダーメイド補聴器として完成。あなただけの一品に仕上がる自慢の補聴器です!

バート B-チタンの詳細

今回の受賞製品はCES 2019のイノベーションアワード ショーケースに展示されます。

 

2016年12月の発売以来、皆様にご愛用いただいておりますフォナック ビロングシリーズの充電式補聴器に搭載されているリチウムイオン電池についてご存知でしょうか。

充電式の補聴器は全世界の国々で販売されており、日本においても、電池交換の手間がいらないこと、電池の廃棄が必要なくエコな補聴器であること、電池を入れる箇所がないのでより強固に防水防塵性能を保てること、そして何より進化したビロングプラットフォームのオートセンスOS機能との相乗効果で、お使いいただく方の補聴器との生活がよりシンプルになっていく というメリットをお伝えしてまいりました。

フォナック ビロングシリーズの充電式補聴器

本日は来月12月で発売から2年を迎える、フォナックのビロングシリーズの充電式補聴器に搭載されているリチウムイオン充電池のメリットをご紹介します。

リチウムイオン電池の大きな3つのメリットは

■何度もくりかえして充電と放電が出来る

■軽くて小さいのに大容量

■一度の充電で長時間使用可能

な事です。そこで携帯電話やPCなどのバッテリーにも使われています。

 

良いことだらけのリチウムイオン充電池ですが、もちろん弱点もあります。

■長時間使わないときは充電満タンのまま放置しておくと、劣化します。

■5度以下の環境で使う時には手で少し温めてあげることがお勧めです。

■高性能大容量小サイズが可能なため高価です。

フォナック ビロングシリーズの充電式補聴器をお使いになる際は長時間充電満タンのままで放置しないこと(補聴器をお使いの場合にはそんな状況はあまりないかもしれませんが・・・)、また寒くなるこれからの季節には極端に寒い場所で装用される場合には両手で少し温めてお使いいただくことをお勧めいたします。

 

改めてフォナックの充電式補聴器に搭載されたリチウムイオン充電池についてご紹介して参りました。

 

フォナックの充電式補聴器には充電と乾燥が一度に出来るチャージャーケースRICと別に、ユーザーの方の安心のためにワンタッチで装着出来、持ち歩き可能な充電パワーパックと、職場などでの充電に使用できるミニチャージャーRICの2種類の充電オプションがあり、特にパワーパックはチャージャーケースRICと同様に1500回のフル充電が可能です。フル充電の状態では補聴器に対して7日分の充電が可能です。さらに30分で6時間の急速充電も可能なので充電を忘れてしまったときや災害時などの緊急時にも備えてお使いいただけます。このことでiFデザイン賞も受賞しました。

これからも補聴器をお使いいただく皆様の生活がより豊かになるお手伝いを、製品・サービスの両面で続けて参ります!ご質問等ございましたらlifeison.jp@phonak.comまで是非ご連絡くださいませ!

フォナックでは昨日、8月2日(木)より発売開始しました スカイBの発売記念キャンペーンとして

スカイ スキニット ダブルキャンペーンを行います!

詳細は上記リンクの弊社HPからご確認いただけます!

期間中、キャンペーンにお申込みいただいた方の中から隔週抽選で10名様に「スキニット特別クーポン」をプレゼント。さらに、スキニットでおしゃれになったお手持ちのフォナック製品をフォナックのインスタグラムの公式アカウントに投稿いただき、「いいね!」が最も多かった1名様に東京ディズニーランドのペアチケットをプレゼントするダブルキャンペーンです!!

お申込み方法は弊社のホームページのスキニットキャンペーン特設ページから、またはこちらのSkyBSkinitキャンペーンご案内・申し込み方法からご確認ください。

皆様のご応募お待ちしております!!

※キャンペーン実施期間 2018年8月2日(木)~2018年11月30日申込受付分まで

twitter

swiss_phonakをフォローしましょう@swiss_phonak


アーカイブ