» FMシステムのブログ記事

2017年12月にヤマハ発動機株式会社(以下ヤマハ発動機)様にロジャー ペン5台、ロジャー マイリンク5台を導入して頂き、今回人事部のご担当者様とロジャーを使用されている社員のF様にお話を伺う機会を頂きましたのでご紹介いたします。

ヤマハ発動機様には聴覚に何らかの課題をお持ちの社員が60名以上在籍(2018年3月現在)されています。同社ではUDトークを全社的に取り入れたり、様々な援助機器を導入されたりと積極的に合理的配慮に取り組まれております。
この度、こういった配慮の一環としてロジャーを導入して頂きました。

ロジャーは昨年、独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構様に相談なさったところ紹介を受け、無償の貸出し制度を利用されたのち導入に至られました。
現在ロジャーを活用されている社員F様は昔の補聴援助機器のイメージと比べてロジャーの音がクリアでとても驚かれたとおっしゃっていただきました。
昨今、季節によってはマスク着用者が多くなり、声も聞きとり難く口話も読み取りにくい状況が多くなっていらした中で、ロジャーを使い始められたF様。ロジャーを使用し始めてからは困らなくなり、朝礼や会議でも活用できて助かっているとのこと。また席で業務をされているにいるときでもロジャーを使用していらっしゃり、今まで聞こえなかった周りの音が聞こえるようになって、びっくりされたと教えていただきました。
またロジャーや電話補助機器を使い始めてから『聴者と変わらない仕事ぶりになって上司も喜んでいる』というお話や、他のロジャー使用者の方が『休憩時間にみんなで話せるようになって楽しい』とお話されていたということを伺い大変嬉しく思いました。

ヤマハ発動機様では現在、ロジャーを使用されている社員の方から使用状況をヒアリングなさったり、使用者同士で使い方の不明点や良かった使用方法などを共有する懇談会の開催を予定されたりされていると伺い、社員の方へのきめ細かい心配りに大変感銘を受けました。
ロジャーに関する情報を発信していくことで、きこえでお困りの方々や合理的配慮に基づくサポートでお悩みの企業様の一助となるよう今後も導入事例をご紹介していきたいと思います。

2016年4月に施行されました障害者差別解消法に基づく合理的配慮の一環として大学や企業からロジャーのお問い合わせや設備導入の案件が増えております。

佛教大学様にも今年3月、タッチスクリーンマイク2点、パスアラウンドマイク2点、マイリンク2点を設備導入して頂きました。この度、導入にご尽力して頂きました学生支援課の担当者の方と、実際にロジャーをご使用されている社会福祉学部のKさんにお話を聞かせて頂きましたのでご紹介いたします。

佛教大学 紫野キャンパス

<インタビュー>

  • ロジャー導入前の状況についてお聞かせください。

学生支援課 担当者:

『ノートテイクに限界を感じていました。ノートテイクは下級生や他学科のボランティアですと専門用語や略語が出てきた場合、わからなくなり充分な情報保障ができなくなる可能性があります。また、離れたキャンパスに行くには時間がかかるので、対応が難しいといったことがありました。』

『補助機器を導入すると最初は費用がかかりますが、最終的には経費削減につながると考えました。』

 

ロジャー利用者 Kさん:

『中学生の時にFMシステムを使用したことがありました。ですが、雑音がひどくて聞きたい声が聞きづらかったです。また、そのFMシステムは音量調節が出来なく、耳に直接入る音が大きすぎたことから、長時間使うと外したくなってしまうものでした。こういった経験もあって、FMシステムの印象はあまり良くありませんでした。』

 

  • ロジャー導入後はどのような変化がありましたか?

ロジャー利用者 Kさん:

『FMシステムと比べて雑音がほとんどしないことにとても驚きました。補聴器だけだと女性の先生の声が聞き取りづらかったのですが、ロジャーを使用してから明瞭に聞こえやすくなりました。』

『ノートテイクを配置することが難しい授業では、ロジャーを使用して、聞き取った情報が聞き間違いでないか、隣にいる友人のノートを確認しながらノートをとる形式で授業を受けることができるようになりました。』

 

  • 現在はロジャーをどのように使用されていますか?

学生支援課 担当者:

『最初は先生にタッチスクリーンマイクを首にかけてもらって使用していましたが、現在は講義室の音響設備にタッチスクリーンマイクを接続して、講義室のマイクから→音響設備と接続したタッチスクリーンマイク→マイリンクで使用しています。』

 

ロジャー利用者 Kさん:

『先生の首にかけて頂いて使用していた時は、先生が下を向いて話しているとタッチスクリーンマイクが不安定な状態になり、うまく声を拾うことができなくなったりしていましたが、現在の音響設備接続の場合、先生は常にしっかりとマイクを持って話されるので、音質もよく声を拾うことができています。』

『また、マイクを持って話すと口元がマイクで隠れて見えないので、読み取りにくかったですが、ロジャーを使うと口元を見なくても先生の声を拾うことができ、自分自身でノートをとるために下を向いていても理解できるようになりました。』

 

  • 現状の課題と今後についてもお聞かせください。

学生支援課 担当者:

『今後、難聴の学生が増えた場合、キャンパスが異なると曜日によっては ロジャーが足りなくなる可能性もありますので、大学内で協議の上、必要であればロジャーの追加導入を検討していきたいと思います。』

ロジャー利用者のKさん

Kさんは社会福祉士の資格取得を目指して日々勉強されています。将来的には、何らかの形で聴覚障害者福祉に携わりたいと考えているということです。

合理的配慮に基づく設備導入についてはまだまだ情報が少なく、困ってらっしゃる大学のご担当者様や学生様も多いかと思います。今後も少しでも何かのご参考になるように導入事例や情報をご紹介していきたいと思います。

導入して頂いたロジャー製品

佛教大学 障がい学生支援ページ リンク

先月20171月より、ノルウェーで開始されたFMラジオ放送の停止のニュースをご覧になられた方も多いのではないでしょうか。

FMからデジタルオーデオ放送(DAB)に完全に移行する旨を2015年4月16日に発表していて、実際には20171月から実施されているようです。

関連する記事はこちらから。

完全移行にあたっては諸々問題も懸念されることもあったようですが、デジタルのクリアな音声を届けられることや、より多くのチャンネルを提供できることのメリットによって諸外国もノルウェーに続いていくであろう、とみられている、とのことでした。

フォナックでも、初代ロジャーの登場から3年を経過し、デジタル電波を使った補聴援助システムのメリットをより強化していくためにFM受信機を販売終了させて頂いておりますので改めてご紹介させて頂きます。

修理対応については下記の通りに継続しておりますのでご安心いただければと思います。

FM受信機販売終了のご案内

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまでFMシステムをご愛用いただきましたことに深く感謝申し上げますと共に、デジタルワイヤレスの補聴援助システムロジャーによって、一人でも多くの方により快適な聞こえの環境がお届けできるよう邁進して参りたいと思っております。

本件に関しましてご不明な点ございます際は、個人のお客様窓口:0120-06-4079(法人のお客様窓口:0120-04-4079)(ともに月~金9:00~17:30にご対応させていただき、土日祝日はお休みいただいております。)までご連絡くださいませ。

 

IMG_1136 IMG_1143

フォナック・ジャパン本社のとある日の会議室。

マイクからは雑音や小説を朗読する声が同時に流れてきます。

これは、補聴器とFMシステム、ロジャーの聞こえの違いを録音しているところです。

IMG_1139

どのような仕組みで録音したら聞こえの違いが分かってもらえるか

試行錯誤をしながらたどり着きました。

勉強会やイベントなどでこの違いを聞いていただくことができます。

フォナックの製品の実力をぜひ、聞き比べてみてください。

 

 

 

 

 

補聴器をご使用されるシーンで、よくいただくご相談が、雑音がある場所での会話の聞き取りです。

最近のデジタル補聴器は、10年前では考えられなかったような技術が多く搭載されており、聞こえの改善に対して革新を続けています。例えば、指向性に関してですが、幅広い前方角度だった指向性マイクロフォンが1人に集中できる前方に非常に鋭い角度で働くようになりました。とはいえ、雑音のある場所での聞き取りにはまだ、課題が残っているのが現状です。

今、お使いの補聴器だけでは解決できない時。聞き取りの改善をしてくれる新しい機能、アイテムがあります。

雑音や話者との距離など、どのような状況下で聞こえを改善したいのかにより、ご選択いただきたい機能やアイテムが異なります。

フォナック補聴器にはステレオズームという、レストランなど、声が散在する騒がしい場所で正面の声にフォーカスし、相手のことばの聞き取りを高める機能があります。

聞き取りたい相手との距離がある場合。

周囲の雑音が少しある場合は、フォナック リモートマイクのご使用ください。さらにずつオンが大きくて距離もあるようでしたらロジャーのがお勧めです。

 

ブログ用画像 騒がしい場所での会話

ステレオズームはこちらを参照 : http://bit.ly/1IVLxJB

リモートマイクはこちらを参照 : http://bit.ly/1IVLsWn

ロジャーはこちらを参照 : http://bit.ly/1mbi3m9

 

twitter

swiss_phonakをフォローしましょう@swiss_phonak


アーカイブ