» こどものブログ記事

2016年4月に施行されました障害者差別解消法に基づく合理的配慮の一環として大学や企業からロジャーのお問い合わせや設備導入の案件が増えております。

早稲田大学 障がい学生支援室様ではフォナックのワイヤレス補聴援助システムがFMの時代から設備器材としてご活用いただいております。 今回、ロジャーのタッチスクリーン マイクやパスアラウンド マイクをご導入いただきましたご担当者、志磨村早紀さんと、実際にご活用いただいている学生、河野葉月さんにお話をお伺いしましたのでご紹介いたします。

障がい学生支援室でのご対応について

― 早稲田大学におかれまして、所属学生に対してどのような形で支援の姿勢を発信・共有なさっていらっしゃるのでしょうか。

志磨村さん 早稲田大学では入学希望者の願書提出時に、特別な支援が必要な方からの申し出を受け付けています。その申し出を受理後、障がい学生支援室でどのような配慮の提示が可能かを検討し、当該の学生に対してその旨をお伝えしてから実際の受験に進む形で支援を行っています。

私自身も補聴器を使っていて、早稲田の卒業生なのですが、私の入学時にも対応についての説明がありました。

河野さん  いくつかの大学を受験して、一番しっかりと配慮について提示いただけました。配慮があることで安心して受験できました。みんな自分でサポートのある大学の情報を調べたりしています。

志磨村さん 入学後にも、面談や都度相談の機会を持つことで、必要なサポートの確認や手配をしたり、サポート機器の貸し出しを行ったりという形で支援の体制とっています。またHPを通して様々なサポートの情報を発信しています。

早稲田大学で配布されている支援内容についてのガイドブック 学内での様々な障がいに対する合理的配慮の姿勢について詳細が説明されています。

― 河野さんは今、ロジャーをどのようにご活用でいらっしゃいますか

河野さん 両方の耳に補聴器を使用していて、FMの受信機をもともと持っていたので、送信機としてロジャーインスパイロを、受信機としてロジャー マイリンクを借りています。講義の時にはインスパイロを先生にお渡しして、

グループワークなどの際にはタッチスクリーン マイクを使っています。

志磨村さん 支援室では、ロジャー タッチスクリーン マイクを貸し出しを行っています。

 

― 河野さん以外の学生でロジャーをご活用されているかたはいらっしゃいますか。

志磨村さん 他に1人使っています。2人以外にも試してみたいということで貸し出しをした学生は何人かいますが、相性というか活用がしっくりこず、他の支援を活用している聴覚障がいの学生もいます。

河野さん マイクを持ってもらう ということに遠慮する気持ちができたり、ちょっとした使い方の説明を自分でしたりするのでタイミングによっては遠慮してしまうこともあります。色々な支援との組み合わせを知っているのが大事なのかもしれません。自分は小学生のころからFMをつかっているので先生にマイクを渡すのも慣れている方ですが、先生によっては講義開始のちょうどのお時間にいらっしゃったりするので、そういう場合にはマイクを渡すタイミングを逃してしまうことがあったりします。その場合はノートテイクのサポートで内容を確認したりすることによって情報を逃さないように工夫しています。

<ロジャーを活用いただくなかで、課題だと感じることは何かおありになりますか?>

志磨村さん やはり、使用する学生がマイクを話者に渡すタイミングや、使用方法の説明の仕方などには改善の余地があると思います。例えば使う側が聞こえているかの確認をする方法や、衣擦れ音が出ないようにする工夫など、毎回毎回自身で説明をするのは地道に大変なので、サポートツールがあるといいなと思います。

河野さん グループワークの雑談の時に、タッチスクリーン マイクを置きっぱなしにする方もいらっしゃるので、そういった簡単な使用説明書はあると助かります。

<今後の目標などお伺いできますか?>

河野さん 4月に入学した人間科学部には、文系と理系の両方の勉強を、学科を超えて学べる環境があるので、色々な勉強をしていく中で、方向性を探していきたいと思っています。

志磨村さん 様々なサポート方法があるので、障がい学生が自分で活用方法を選択し、学びを充実させていけるように支えていきたいと思っています。

お話をお伺いした障がい学生支援室の志磨村さん(右)とロジャーをご活用いただいている河野さん(左)

 

お二人にお話しいただく中で、ロジャーの送受信機を様々な支援方法と一緒に活用していただいている場面や使い方そのものについても、より発信していきたいと感じました。

貴重な機会をいただきましたお二人と早稲田大学障がい学生支援室の皆様に改めましてお礼申し上げます。

早稲田大学 障がい学生支援室 リンク:https://www.waseda.jp/inst/dsso/

  • 「補聴援助システムを学ぶ会」を、埼玉県さいたま市大宮区で開催させていただくことになりました。

9月29日(土)に、軽度・中等度難聴児支援ネットワーク様と大宮のソニックシティにて開催いたします。

入場費は無料です。(会場でお子様向けのスペースもご用意しますのでぜひご家族様でご来場ください。)

お子様に、補聴援助システムが実際にはどのように聞こえているのか?を保護者の方々はもちろん教育ご担当者様にも、試聴・体験して頂ける機会です。

過去に同内容の会にご参加いただいた皆様からは、実際にお子様の耳にどんな音が届いているのかが体験できてよかったという声を頂戴しております。

2017年1月開催の様子はこちら、7月開催の様子はこちらからご覧ください。

皆様のご参加お申込み、お待ちしております。

<補聴援助システムを学ぶ会>
日時:9月29日(土)14:3016:00
会場:ソニックシティビル 9階905会議室 (大宮駅西口徒歩3分)
(さいたま市大宮区桜木町1丁目7−5)

ご案内とお申込書はこちらからどうぞ↓

補聴援助システムを学ぶ会 ご案内・お申込み用紙

嬉しいご連絡を頂戴したのでご紹介をさせていただきます。

人工内耳を装用されている菊地海麗さん。

 

東北地方で開かれたバレエコンクールで見事1位に輝かれた菊地さんのご家族から

5月26日(土)の20:45~Eテレにて放送される、 ろうを生きる 難聴を生きる で

その様子が放映される旨をご連絡いただきました。

菊地さんはロジャーをお使いいただいているユーザーの方です。

今回のコンクールでも、主催社側の方々がロジャーの使用をご快諾くださったそうです。

挑戦の場でロジャーをご活用いただけたこと、少しでも

お役に立てたことをとても嬉しく思います。

 

放送もぜひご覧くださいませ。

放送予定:NHK Eテレ ろうを生きる 難聴を生きる

5月26日(土)20:45~21:00放送

https://www.nhk.or.jp/heart-net/program/rounan/594/

 

昨年に引き続き、3月末まで作品を大募集した、2019年フォナックカレンダーへの採用企画に本年もたくさんのご応募をいただきありがとうございました!

70を超える作品を送付いただき、社員一同で投票をさせていただきました結果、上位の12枚と表紙の計13名の作品を入賞&優秀賞として決めさせていただきました。

一番投票数の多かった金原さんには、ご希望いただいたディズニーランドのペアチケットをプレゼントとして送付させていただきます!!

また、本年はご希望いただいた方の作品を、スイス本社で行っている全世界向けのカレンダー企画への応募を行わせていただきます。

昨年同様、応募に参加いただいたすべての方にカレンダーが完成次第、プレゼントとして送付させて頂く予定でございます。

素敵な作品のご応募、本当にありがとうございました!!

※なお夏に開催予定のこども様招待イベントにつきましてもご希望いただいた方に、別途ご案内させていただきます。

4月から始まったNHKの「半分青い」の話題をよく見かけるようになりました。
主人公の女の子、鈴愛ちゃんは小学生の時に左耳の困難に直面し、今後半年間の連続ドラマの中で、一側性の難聴を持ちながら日々邁進する姿が描かれるそうです。

お医者様がご両親に病状について説明する場面や、鈴愛ちゃん役の子役女優さんの演技、その正確な耳鳴りの状況描写なども、SNSはもちろん、様々なメディアで話題にあがっているので目にされた方も多いのではないでしょうか。

日本では「半分青い」が話題ですが、アメリカではとあるホラー映画が話題になっているのをご存知でしょうか。
タイトルは 「A Quiet Place」。音に超敏感に反応するモンスターが地球の生き物を食べつくした人類絶滅寸前のアメリカの田舎でひっそりと暮らす一家のサバイバルホラーとのことですが、公開後全米興収ランキングで1位を獲得している話題作です。
主人公一家にいる3人のこどものうち、1人娘が聴覚障害を持っている という設定で、その役はミリセント・シモンズさんという実際に聴覚障害をお持ちの女優さんが演じています。

怪物から逃げるのに手話がほとんどのシーンを占めているこの映画、実はフォナックの補聴器(フォナックのクリニカルトレーナー Brandyさんが指導)、と同じくソノヴァグループであるアドバンスバイオニクス社の人工内耳(AB社のクリニカルトレーナー、Rachelさんが指導)が撮影に協力ました。

上の写真は映画について紹介しているフォナックのHearing like meのページです。(英語ブログ)

だいぶ怖いらしいので見るのに勇気がいるので、ホラーが苦手な方には、ミリセント・シモンズが出演し、昨年のカンヌ国際映画祭で話題になった「ワンダース トラック」がちょうど4月6日から日本でも公開中です。こちらは時間を越えた少年と少女の人生の物語なので、ミリセント・シモンズの活躍を穏やかに楽しめるのではないでしょうか。

聴覚障害をもつ人が自然と物語に組み込まれていくことで、私たちの日常の中でも自然と話題にあがり、聴覚障害そのものの理解が広がると嬉しいなと思います。

NHK朝の連続テレビ小説 「半分青い」公式サイト:https://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/
「A Quiet Place」公式サイト:https://www.paramount.com/movies/quiet-place
「ワンダーストラック」公式サイト:http://wonderstruck-movie.jp/

twitter

swiss_phonakをフォローしましょう@swiss_phonak


アーカイブ