» アクセサリーのブログ記事

2017年も残すところあと4日となりました。

私たちフォナックも本日が年内の最終営業日とさせて頂きます。

本年中も沢山の応援をいただきありがとうございました。

 

年内最後のブログ記事としまして、ボタン電池の誤飲事故について改めてご紹介したいと思います。

先日2017年12月17日の日本経済新聞のニュース記事に、東京慈恵医大と一般社団法人「電池工業会」(東京)による誤飲についての初の実態調査についての話題(リンク)がありました。

記事内でもあるように、

■電池はお子様の手の届かないところで保管

■電池のふた部分が外れやすくなっていないかなどを確認

■お子様の見えない場所で交換する

などの予防策が呼びかけられています。

 

補聴器を使用される方の中には普段、小さなお子様がお近くにいらっしゃらない方もおいでになるかと思います。年末年始にはご家族・ご親戚など大人数で集まられる機会も多くおありになることと思います。そんな時には上記予防策を是非ご活用いただけたらと思います。

 

補聴器自体も電池誤飲を防ぐ機能として、特にフォナックの小児向け補聴器 フォナック スカイVシリーズにはチャイルドロック機能によって電池蓋の開け閉めを大人が管理し、誤った事故が起きないような工夫がされています。

また、電池についての注意喚起のニュース記事を見て、2016年12月から発売を開始しましたフォナック ビロングシリーズの充電タイプ補聴器のように、補聴器に一体型で作られた充電池には、空気電池の交換の手間が省ける他に、誤飲事故を防ぐことが出来るという隠れたメリットもあるなあということを再発見しました。自画自賛のようで恐縮ですがご容赦ください。。

沢山の人と再開の時間を、皆様が楽しくお過ごしになられますように。

皆さまと皆様の大切な方々、共に笑顔で良いお年をお迎えくださいませ。

 

ボタン電池についての補聴器業界での対応については2014年のブログ記事でもご紹介しております。当時の記事はこちらからどうぞ。

2017年も残すところあと11日となりました。

今年も沢山の話題がありましたが、フォナックのスイス本社で監修しているHearing like meのブログ(ブログサイトの紹介記事はこちら から)でソーシャルメディアで反響の大きかった、聴覚関係のニュースをまとめた記事があがっていましたので、ご紹介いたします。

1位~5位まで

第1位 ティーンの女優 一側性難聴を告白

Millie Bobby Brownというティーンの女優さんはNetflixで配信されているドラマで一躍有名になった方だそうです。

彼女が自身の一側性難聴について公にしたことに話題が集まったそうで、記事内では他にも難聴を告白し、難聴への理解を広めたいと活躍されている著名人についての話題が上がっています。元記事はこちらから

第2位 装用が楽しい補聴器・イヤモールド

日本でも補聴器やイヤモールドでカラフルな工夫を楽しまれている方々の話題を目にすることがありますが、この記事でも補聴器で彩りも実際に楽しまれている方の紹介と、フォナックのインスタグラムの画像を紹介しています。元記事はこちらから

フォナックのインスタグラムはこちらから

第3位  難聴を治す薬?

アメリカのBrigham and Women’s Hospital (BWH), MIT, and Massachusettsの共同研究で、感音性難聴の起因となる内耳の有毛細胞損失に対して、再生を促すことを目指した治療薬のマウスでの実験が成功したというニュースが3位にあがっています。

日本でも、有毛細胞への再生アプローチについて様々な研究が進んでいますが、この研究も感音性の難聴、特に後天的に発生した加齢や投薬投与、事故等の刺激による有毛細胞の損失現象に対して有効だと考えられ、1年半以内に人体での治験を始める見込み という楽しみなニュースで多くの方にシェアされています。

元記事はこちら

4位 GAPのコマーシャルに補聴器をつけた赤ちゃんが登場

衣料品ブランドのGAPで、製品コマーシャルに初めて補聴器をつけた赤ちゃんが採用されました。多くのメーカーやブランドが多様性を前面に打ち出した広告やプロモーションを始めています。障害のある なしに関わらず、社会全体が一人一人に出来る事を受け入れ認め合うことを願っている人が多くいることを嬉しく思い、私たちも聴覚に関わる仕事をするものとして、積極的な発信を続けたいと思うニュースでした。

元記事はこちらから

5位 Chris Prattの謝罪と依頼

日本でもガーディアンズ・ギャラクシーという映画で一躍有名俳優の仲間入りをしたChris Prattが、自身のインスタグラムで自身のSNS発信に配慮が足りなかったことを謝罪し、SNSのシステムに使いやすさを求めた というニュースです。

字幕機能がないことでそれを楽しめない人が多くいるという事に自分は関心がなかった という事を謝罪した動画を彼のような有名俳優が発信したことで、動画をより多くの人に楽しんでもらえるために字幕を簡単につけられるなどの追加機能が多くのSNSに追加されたら嬉しいなと思う記事でした。

元記事はこちらから

5位以下も興味深いニュースが沢山ありますので、よかったら是非ご覧ください。

全て英語の記事ですが、以前ご紹介しました翻訳方法である程度お読みいただけると思いますので、そちらも是非お試しください!

翻訳方法については本記事最初にリンクを貼っているご紹介の記事からどうぞ

 

<5位以降のニュースタイトルのみ紹介します↓>

6位 アーティスト 補聴器を装用したディズニープリンセスの絵を公開

https://www.hearinglikeme.com/artist-drawing-hearing-aids-on-art-to-break-down-stigmas/

7位 エレンの部屋※1に10歳の補聴器装用者登場

https://www.hearinglikeme.com/ellen-talks-with-boy-raising-money-for-hearing-aids/

※1 日本でいう徹子の部屋のようなアメリカの超有名番組

8位 三つ編みが補聴器を輝かせる

https://www.hearinglikeme.com/sweethearts-hair-design-braids-for-hearing-aids/

9位 アメリカ の人気番組で聾の歌手が話題

https://www.hearinglikeme.com/deaf-singer-americas-got-talent/

10位 ジュエリーで補聴器の啓蒙

https://www.hearinglikeme.com/louder-jewelry-deaf-jewelry-line/

 

全て読み直すと、改めて難聴や補聴器に関しての社会の理解や認知の状況は少しづつ良い方に向かっているような期待に満ちた明るい気持ちになります。

ソノヴァ・ジャパンでも、日本国内で同じような発信が出来るように工夫して行きたいと思っております。

皆さんがご存知のことで多くの方に知ってもらいたいことなどありましたら是非共有ください!

補聴器、ロジャーをご利用いただいてる方から頂戴するよくある質問に、「無くさないように使用する方法は?」というお問い合わせがあります。

フォナックでは成人用・お子様用の2種類の紛失防止用クリップを用意しております。

お子様用

成人用

クリップの両端を補聴器にとおして、真ん中のクリップ部分をお洋服や帽子などに留めてお使いいただけます。

ご質問いただく中でも、特にお子様が補聴器をお使いの親御様から、お子様の補聴器の紛失を心配なさる声をいただくことが増えております。

先日レオ君カレンダー画像募集の件のご紹介でフォナックのインスタグラムを紹介いたしました。

そちらに掲載されていましたお子様のクリップご利用画像2点も併せてご紹介します。

赤ちゃん~小学生くらいのお子様にはこちらのお子様用を、小学校の高学年くらい以上のお子様には上記、成人用のクリップをご利用いただいてもよろしいかもしれません。

また以前にブログ内で、人工内耳用とロジャー受信機の落下防止として、お子様用の落下防止クリップと、ロジャー受信機を留める文房具のご紹介をさせていただきました

2016年7月にロジャー タッチスクリーン マイク を発売させていただいてから、同様のご質問をいただくことも増えましたので、再度のご紹介でした。ご参考いただけましたら幸いです。

何度か本ブログでも紹介させていただいていますので、ご存じの方も多いと思われますが

3月3日は「耳の日」です。

 

3月3日は、電話の発明者で、ろう教育者であったグラハム・ベルの誕生日でもあり、世界的にもWHO(世界保健機構)でInternational ear care day として、耳の病気や難聴の予防を啓発するキャンペーンが行われています。

日本では、「耳の日」は、難聴と言語障害をもつ人びとの悩みを少しでも解決したいという、社会福祉への願いから始められたもので、日本耳鼻咽喉科学会の提案により、昭和31年に制定されました。

フォナックでも、「聞こえのバリアを無くす」ことを理念に日々世界中で様々な活動を行っています。

最近では様々なインターネットのツールを使って補聴器のユーザーの方々の日常を直接ご紹介するInstagramが活発に活用されています。カラフルなイヤモールドやアクセサリーの使い方やかわいいお子さんの写真など、素敵な写真がたくさん紹介されています。

Instagramは、ユーザー登録なしでも画像を見ていただくことが可能なので皆様にも是非ご覧いただけると嬉しいです。こちらからどうぞ。

先月お知らせさせていただいたカレンダーの公募企画を、公募ガイドにて紹介・掲載していただきました。

1985年に季刊されて以来、「ネーミング・標語」、「文芸」、「論文」、「アート」、「フォト&ビデオ」、「音楽・芸能」、「学生向け」、「ノンセクション」のジャンル別に公募情報を掲載されている雑誌のWebサイト版です。

沢山の人の目に触れることで、補聴器・人工内耳ユーザーのお使いのお子様に応募いただくきっかけになると嬉しいなと思います。公募ガイドのページはこちらからどうぞ。 

応募していただく方に参考にしていただけるような、レオ君の表情や動きをイメージしやすくなる、レオ君の絵本(英語版)をご紹介いたします。

 

レオ君がお友達や家族と補聴器を使いながら毎日を楽しく過ごす様子を絵本にした作品です。残念ながら今のところ日本語版の予定はないのですが、絵を応募していただく際の参考にしてみていただければ嬉しいです!

 

twitter

swiss_phonakをフォローしましょう@swiss_phonak


アーカイブ