» 耳のことのブログ記事

日本は世界で超高齢社会として注目を浴びています。(WHOや国連の定義で、総人口のうち65歳以上の高齢者が占める割合が21%超えた社会。)

超高齢社会について考えるとき、ついつい加齢によっておこる「良くない変化」に目を向けがちです。国立長寿医療研究センターの研究から、人が持つ「知的な能力」のうち、「情報処理の力」は50代中ごろをピークに低下するが、「知識力」については70台を境に緩やかに低下しても、90代の時点で40代よりも高い得点を示すことを発表していて、高齢になっても、このような能力を大切に伸ばすことがとても重要だとしています。

高齢社会に伴い問題が浮き彫りになってくる状態として「認知症」についてもこの「知的な能力」との関係性が同センターにより発表されています。(※認知症とは医学的にはまた診断が決められず、原因もはっきりしていない状態のことを表していて、(https://info.ninchisho.net/mci/k10 参照)上記ページによれば、認知症という症状にはいくつかの種類、アルツハイマー型認知症、脳血管型認知症、レビー小体型認知症があり、60%がアルツハイマー型のため、一般的に認知症=アルツハイマーと認識されているとのこと。またその症状には段階があり軽度の認知障害にあたる段階にある患者さんの数は高齢者が増えるごとに増え、2025年には約1300万人=65歳以上の3人に1人が認知症患者とその予備軍になるといわれています。)

 

国立長寿医療研究センターでは、認知症のうち、いわゆる「知的な能力」の低下に、外から入ってくる情報が難聴によって少なくなることで影響を受ける可能性を推察していますが、聴力については補聴器を活用しての認知機能の予防についてはまだ結論はなく、世界中で現在行われている研究を待つ必要がある としています。記事はこちらからどうぞ。

 

認知症といえば、難聴者の方とかかわる機会の多い補聴器業界では、厚生労働省が作成したオレンジプランの中に認知症の原因の1つに難聴があげられているため、いかに難聴を予防・緩やかな変化にするか 我々ができることについてよく議論されます。(※オレンジプランとは認知症の啓蒙も含めた、医療・介護・介護予防・住まい・生活支援を包括的にケアするための戦略です。(https://info.ninchisho.net/mci/k90 参照))

 

補聴器や補聴援助する機器を扱うものとして、認知症と難聴の関係についてはより、深く知る必要があり、これからの研究結果を待ちつつ、今確かなこと=補聴器や補聴援助の機器が聞こえに課題を抱える方の問題を解決するお手伝い、解決策の1つであることを確かな情報と共に提示していくことが大事だと改めた記事の紹介でした。

フォナックのグループ会社である、株式会社日本バイオニクスと弊社の後援する市民公開講座についてお知らせさせていただきます。

<市民公開講座:聴覚を取り戻すための相談会>

2017年9月30日(土)13:30~15:30

会場:日本光電工業株式会社 落合高山ビル5階

主催:慶應義塾大学医学部 耳鼻咽喉科

共催:日本光電工業株式会社

後援:株式会社日本バイオニクス

フォナック・ジャパン株式会社

一般社団法人 人工内耳友の会ACITA東京支部

特定非営利活動法人 東京都中途失聴・難聴者協会

参加費無料

会場では、難聴と認知症について慶應義塾大学医学部の教授小川先生、新しい人工内耳の適応と高齢難聴者のための人生設計について神崎先生が、高齢者の人工内耳について言語聴覚士の浅野先生と前川先生がご講演くださいます。

参加ご希望の方やご質問がございます際は、日本光電株式会社人工内耳課までお問い合わせくださいませ。

皆様ご存じの通り、本日6月6日は補聴器の日です。

色々なイベントなどを目にする機会がおありになるかと思います。

フォナックからは、世界中の聞こえに関する情報をブログで紹介している

“Hearing Like Me”というページを公開しています。

Home

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは世界中の聞こえに関わる専門家が記事を投稿していたり、実際のユーザーの方の生活に関わるお話が載っていたり、とても興味深いページになっています。

 

表示は英語なのですが、英語で読むのは大変だな~と思われる方向けに英語のページをページごと翻訳できる方法がありますので併せてご紹介します。

こちらのページにもやり方が記載されています。

http://wind-mill.co.jp/iwashiblog/2015/07/google-translate-website/

方法としましては、『Google翻訳』のページを開いて→英語のBoxに日本語で見たいURLを入力(コピーペースト)→翻訳したい言語を日本語にして「翻訳」をクリック→日本語側に表記されたURLをクリック→見たいページが日本語で読めるようになります。

Google翻訳という自動翻訳機能を使っているので、文法など細かいところは??となる部分もありますが、日々翻訳のAI機能も進化していますので、もしよかったらお試しください。

 

本日発売の冊子 『耳が喜ぶ補聴器選び No.2 2017-2018』にフォナックの会社情報や製品情報を掲載頂いております。

この雑誌では「前向き志向型 ヒヤリング・サポート情報誌」として、補聴器情報を中心に難聴予防や耳を守る(ケア)情報など、「きこえ」にまつわる情報が、特に、初めての補聴器使用を検討している方にむけて、わかりやすく紹介されています。

http://www.stereosound.co.jp/news/article/2017/05/15/56551.html

 

全国の書店やamazonなどでも購入可能とのこと。

ご自身は補聴器のことをご存じで必要なかたでも、周りに装用を検討なさっていらっしゃる方がおいででしたら参考いただいてはいかがでしょうか。

何度か本ブログでも紹介させていただいていますので、ご存じの方も多いと思われますが

3月3日は「耳の日」です。

 

3月3日は、電話の発明者で、ろう教育者であったグラハム・ベルの誕生日でもあり、世界的にもWHO(世界保健機構)でInternational ear care day として、耳の病気や難聴の予防を啓発するキャンペーンが行われています。

日本では、「耳の日」は、難聴と言語障害をもつ人びとの悩みを少しでも解決したいという、社会福祉への願いから始められたもので、日本耳鼻咽喉科学会の提案により、昭和31年に制定されました。

フォナックでも、「聞こえのバリアを無くす」ことを理念に日々世界中で様々な活動を行っています。

最近では様々なインターネットのツールを使って補聴器のユーザーの方々の日常を直接ご紹介するInstagramが活発に活用されています。カラフルなイヤモールドやアクセサリーの使い方やかわいいお子さんの写真など、素敵な写真がたくさん紹介されています。

Instagramは、ユーザー登録なしでも画像を見ていただくことが可能なので皆様にも是非ご覧いただけると嬉しいです。こちらからどうぞ。

twitter

swiss_phonakをフォローしましょう@swiss_phonak


アーカイブ